FC2ブログ

JSUNG2011の申し込み開始

JSUNG2011の受付が始まりました。
SYSNOPSYS USER MEETING 2011

昨年はA~Dまでの4つのカテゴリーがあった気がしたのですが。

筆者が参加予定しているユーザー事例としては、
C-2:バーチャルプロトタイプの応用:組込み制御システムの実装性能予測と故障注入(日立製作所)
C-4:Processor Designerを用いたSuper Scalarプロセッサの開発(富士通研究所)
C-5:Processor DesignerによるASIP開発におけるモデルベース信号処理開発環境との協調検証について(リコー)
C-7:仮想プラットフォームを用いた、ストレージ・クラス・メモリ(SCM)搭載SSDのアーキテクチャ探求(東京大学)
B-8:検証IPを用いたマルチCPU内蔵SoCの検証環境構築事例(CMエンジニアリング)
を予定しています。

他にも、聞きたいのはたくさんあるのですが、重複しているので残念です。
B-4:HAPSを用いた高速HW/SW協調検証環境の構築事例(ルネサス エレクトロニクス)
B-7:機能検証効率化のキーテクノロジー ~SystemVerilogベースの検証プラットフォーム開発事例(ベリフォア)

ちなみに、C-7(東京大学)に関連する記事として以下のようなものがありました。
-「東京大学,ReRAMの研究開発向けにDOCEAのESL消費電力/熱解析ツールを導入
-「【ISSCC】SSDの動作信頼性を95%高め,書き込み電力を43%削減するデータ変調技術,東京大学などが開発
-「【VLSI】3次元SSDの書き込み性能を4倍に、東大の竹内研が新電圧生成システム開発

スポンサーサイト



プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数